手汗を止める!コルクルの効果と口コミを紹介!今なら初回お試し無料です!

肌に優しい成分で汗を抑えてくれるコルクル、その使用方法と販売店のご紹介!

使った人の大多数が「悩みの種だった手の汗が気にならなくなった」と称賛する制汗剤があります。株式会社バルワードが1万人を超える多汗症の人の意見を聞きながら開発、製造した医薬部外品のコルクルです。

 

顧客の満足度が高いケア用品...と聞くと、まだ使ったことのない人からは「実際にそんなに効き目があるのか?」「今までの制汗剤になかった特色があるのか?」と疑念とも好奇心ともつかない問いを発したくなるのも無理はないでしょう。そんな疑問にお答えするため、ここではコルクルという商品の特色や使用法などについて解説していきたいと思います。

 

コルクルの特長 

 

その1 肌に優しい

 

まずコルクルの特長に触れておきましょう。

 

この商品の長所は何と言っても肌の健康を考えた上で作られていることで、それは原材料に鉱物油、着色料、香料といった有害な添加物を使用していないことからも分かるでしょう。一方でワレモコウなど5種類の自然由来の成分を含んでおり、それら植物由来成分の具体的な名前と働きについては、幾つか重複しますが以下の通りになります。

 

抗菌効果 ワレモコウ、緑茶エキス、柿タンニン(殺菌効果も) 
消臭効果 緑茶エキス、柿タンニン
消炎作用 ワレモコウ、シャクヤク、ヨクイニン
収斂作用  シャクヤク
潤い効果 ヨクイニン
肌荒れ予防 ワレモコウ

 

ご覧の通りこの中には嫌な臭いを消したり、肌を健やかにする成分まで入っているので、手の汗は勿論、腋や足の汗にも使えます。また実際に腋汗対策の制汗剤に広く使われている成分も配合されているのです。

 

ただコルクルの含有成分の中で汗を抑えるのに最も重要な働きをしているのは、フェノールスルホン酸亜鉛という成分です。他の多くの制汗剤では、汗を抑える成分として収斂作用のある塩化アルミニウムとかクロルヒドロキシアルミニウムといった物質を配合しています。これらの成分には汗に含まれる蛋白質と反応して固まる性質があるため、その作用により汗を分泌するエクリン腺に栓をして汗が出るのを防ぐ効果が期待できるからです。

 

フェノールスルホン酸亜鉛も基本的にはこれと同じ仕組みで汗を抑える働きがありますが、他の2つと比較して収斂作用もソフトで、肌に掛かる負担も少なくて済むという特徴があります。つまり肌に穏やかに働きかけながら汗を抑えてくれるので、肌トラブルなどの副作用が起きるリスクは極めて低いでしょう。

 

コルクルは様々な肌質の人や年代の人が使うことを視野に入れて開発された制汗剤です。ですから乾燥しがちだとか刺激に弱いといった肌質の人でも、また乳児や高齢者であっても安心して使って頂けるはずです。

 

また長期的にケアしていくことを考えれば、コルクルのように低刺激性の制汗剤を選ぶのが賢いと言えるのではないでしょうか。

 

その2 衛生的

 

他の手汗用のケア用品にはジェルタイプの製品やパウダータイプの物もありますが、特にパフを使うパウダータイプの場合、肌と直に接触するので衛生面で不安を感じる人も多いようです。その点クリーム状のコルクルなら、パフなどを使用しないため何時も清潔に使えるというメリットもあるでしょう。

 

また前述した通りコルクルは腋や足の汗のケアにも使えるのですが、これら他の部位につけることも考えれば衛生的に使えるクリームタイプの制汗剤は重宝するのではないでしょうか。

 

その3 内容量が多い

 

あまり容量が少ないスキンケア用品を使っていると「こんな調子だとすぐ切らしてしまうのでは?」と気になったりして、つい使い惜しみをしたくなってしまいますよね。クリームタイプの制汗剤コルクルは伸びが良いので、少量でも手全体に広げることが出来ます。そのため毎日6、7回くらいのペースで塗り直しても、1個分の分量でひと月は充分持つのだとか。

 

一応、1個で1カ月分ということになってはいますが、塗り直す回数が少ない人なら全部使いきるまで2カ月間かかるとさえ言われている程です。だから1日何回か塗り直しても「1カ月持たないのでは...」といった心配をする必要はないんですね。

 

その4 制汗剤に見えない容器

 

コルクルの白い容器は真ん中にアルファベットで大きく書かれた「N」と上部にある「CORKL」の文字が目を引く程度で、他は特に目立った特徴はありません。シンプルで一見したところ制汗剤とは分からないので、人前でも気にせず使うことが出来るでしょう。

 

一方、他の制汗剤を見ると製品の名前がハッキリと表示されていたり、人目を惹く形状の容器に入っている制汗剤も少なくありません。しかし他人には自分が多汗症であることを知られたくないという人も多く、そんな人にとってこうした容器の制汗剤は使いづらいでしょう。一見、シンプルに見えるコルクルの容器からも実は使う人への配慮が感じられますね。

 

一応コルクルは男性向けの制汗剤ということになっているのですが、容器がユニセックスで使えるデザインなので、女性でも抵抗感なく利用できるはずです。ただコスメポーチに入れるには少し大きめのサイズので、女性が携帯するには少し不便かもしれませんね。

 

使用方法について

 

幾ら優れたケア用品であっても使い方を誤れば、期待した効果が得られないのは言うまでもありません。この項ではコルクルが本来持つ効果をきちんと引き出すために何が必要が指摘した上で、それに沿った使用方法と使う時に気を付けるべき点を列挙しておきました。

 

ポイント1 乾燥している清潔な手につける

 

汗をかいてからコルクルを塗っても肌に馴染まずにすぐ落ちてしまうので、必ず汗をかく前に塗りましょう。汗だけでなく皮脂や埃などの汚れが付着していてもダメなので、手が汚れている場合はまず石鹸を使って洗い流してからつけるようにして下さい。また洗った後でも手に水滴などが残ったままだと塗りにくいのは同じなので、きちんと拭き取るようにしましょう。

 

ポイント2 手を洗ったらつけ直す

 

コルクルを落としたい時は石鹸で洗えば簡単に落とせます。逆に言えばお手洗いや入浴の際などで石鹸を使用した時はその都度付け直さないと効果が持続できないことになる訳です。

 

1日に塗る回数も発汗を抑えたい時だけに使うのなら3、4回程度でも大丈夫ですが、終日効果を持たせたいのであれば6回から7回付け直すのが良いでしょう。

 

また塗るタイミングもお手洗いや入浴後の他、起床時や出かける前、帰宅後など自分の生活様式を考えながら適切な頃合いにつけ直すのが良いと思います。特に習慣化して欲しいのが就寝前のお手入れです。睡眠に入る前のこの時間帯には副交感神経が働いて緊張感がほぐれて手の発汗量も低下しているため、このタイミングで使用すればコルクルの力をより引きだすことが出来るでしょう。

 

ポイント3 結果を焦らないこと

 

コルクルを塗り始めて何らかの手応えを感じるようになるまで、およそ5日位掛かると言われています。勿論、人によって差異がありますが、塗った直後から汗の出やすい体質が改善するということはあり得ません。

 

1日に何度も付け直すだけでも手間がかかるのに、それを毎日続けるとなると少し億劫になるかもしれませんが、三日坊主では効果を得られないことくらい肝に銘じておいて下さいね。

 

入手ルートは公式通販サイトに限られる

 

コルクルは通販限定であるため、市販されていません。だからドラッグストアなどの実店舗には置いてないし、目下のところ同じ通販でも楽天市場やアマゾンのような大手サイトでさえも取り扱っていません。買うなら公式通販サイトを通じて注文するしかないのです。

 

しかし公式通販サイトでは現在、キャンペーンを実施していて、お得な定期便も用意されています。「無料スタートコース」ともいうこの定期便では、初回配送分を何と0円で手に入れることができます。隔月でのお届けとなる次回以降の配送分からも通常販売価格より1000円低い価格で提供して貰えます。

 

しかも送料は無料。クレジットカード決済やコンビニ払いに掛かる手数料の負担もありません。だから利用価値はかなり高そうですよ。

 

注文日から3日以内に発送

 

販売元は注文を受けてから3日以内に発送手続きをとり、配送は荷物を郵便受けに投函する「ゆうパケット」(日本郵政)によって行われます。従って配達日に家にいる必要はありませんし、日本郵政のウェブサイトから郵便追跡サービスを利用することも出来ます。

 

尚、発送手続きは平日に行われるため、注文を受けたのが祝祭日や土日であった場合には発送は休み明けとなる点に留意して下さい。

 

契約期間縛り無し、解約も自由

 

無料スタートコースの初回配送分が届いたら、明細書は捨てずに保管しておきましょう。コルクルの定期便には契約期間縛りがないため、何回目であっても任意に解約できるのですが、初回配送分一回限りで解約する際には製品本体とこの明細書の返還を求められるからです。

 

解約の申し出は電話連絡若しくはマイページからの送信の何れかの方法によります。但し、次回分の発送予定日の1週間前までに手続きをしないと解約が先延ばしになってしまうので、注意して下さい。

 

迷っているより、まずは自分の肌で試してみよう

 

手の汗の悩みを解消したい、そのためのケア用品も売られている、でも何種類もあるからどの製品を選んで良いか分からない...と迷っている人も少なくないことでしょう。数ある制汗剤の中でも、コルクルが使う人の安全性を考え、肌に優しい成分を配合していること、即効性は期待できないものの根気よくケアすれば成果を得られる製品であることは、これまで述べて来たとおりです。

 

口コミなどでの評判が良くても、使ったことのない製品が果たして自分に合うかどうか誰しも不安になるとは思いますが、そういう人でも初回は費用を掛けずに試せる上、仮に合わなかったら任意に解約できる無料スタートコースなら気軽に利用できるのではないでしょうか。あれこれ悩むより先に、まずは自分の肌で効果の程を確かめてみましょう。

おすすめ記事

「パソコンに向かってる時も汗でキーボード...
手汗対策用クリームのコルクルの評判を聞い...
医薬部外品のコルクルは、株式会社バルワー...
敏感肌の人でも不安なく手汗のケアができる...